So verbessern Sie Ihre Golffähigkeiten schnell: Profi-Tipps für schnelle Fortschritte

So verbessern Sie schnell Ihre Golffähigkeiten: Profi-Tipps für schnelle Fortschritte

あなたが週末の戦士であっても、素晴らしいゴルフの世界を始めたばかりであっても、 Galileo-Sport ゴルフのスキルを向上させ、コースでもっと楽しむという目標をTotalTun.

私もゴルファーとして、自分のゴルフスキルが著しく向上したと実感した時期がありました。この上達を経験することで、ゴルフというスポーツとは何なのかを真に理解することができました。同時に、このアクティビティを習得することの真の本質を理解するための洞察を与えてくれました。ゴルフの腕前を速やかに向上させるには、このスポーツの本質を真に理解することが重要です。

信じられないようなゴルフの格言をよく耳にします。

「失敗したくなければ力は出せない」。

「バスケットボールをするときは、力を入れすぎないでください。力を入れたら終わりです。」

「ゴルフでは非常に良いフィニッシュをする必要がある」

ゴルフの世界ではよく聞かれる言葉です。しかしその前に、ゴルフを長く打つことが重要なテーマとなっている現在のゴルフの状況を想像してみましょう。 PGA ツアー プレーヤーにとって、ドライバーのパフォーマンスのベンチマークは常に 300 ヤードを超えています。 マキロイJaデシャンボーのような選手は、パー 4 ホールで楽々と 1 ストロークでグリーンに到達します。パワーの基礎がなければ、本当にゴルフで驚くべき飛距離を達成することができるでしょうか?

ゴルフは競争の激しいスポーツであり、本質的にパワー美学の領域に属します。力を解き放たなければ、スポーツの真の美的本質を真に体現することはできるでしょうか?したがって、ゴルフにおけるパワーを抑制するという概念は、間違いなくゴルフの分野で最も不合理な主張である。

戦略的な実践テクニック

力を正しく加える

ゴルフでは、パワーを生み出すことは確かに重要ですが、正しく標準的なアプローチに従って、スポーツで力を加える原則に従う必要があります。重要なのは、加えられた力に貫通力を持たせ、正確にボールに伝達し、テイクオフ、正しい方向性、最適なスピンに必要なパワーをボールに提供することです。これを想像してみましょう。ゴルフの世界で、手に持っているものが柔らかい鞭である場合、その鞭の力でボールに効果的に衝撃を与えたいと思うでしょう。これを達成するには、正確な角度と適切な方向で力を加える必要があります。そうすることで初めて、あなたのパワーを効果的にボールに伝えることができます。

したがって、ゴルフにおける最大の誤解の 1 つは、力を入れるべきではないという考えです。実際のところ、ゴルフは競技スポーツとして、強さとスキルの組み合わせが必要であり、ある程度のダイナミックな美学が組み込まれています。ゴルフにおける「力は奇跡を起こす」という概念は、大きな力を加えると予期せぬ結果につながり、それが有利になる場合もあれば不利になる場合もあることを強調しています。

したがって、ゴルフは力を入れずにプレイすべきという概念を払拭することが重要です。正しいアプローチでは、ゴルフはパワーとテクニックの融合を体現しており、ダイナミックな美しさのタッチは許容されるだけでなく不可欠です。強力なスイングが驚くべきインパクトのある結果をもたらし、ゲームに興奮と予測不能の要素を導入できるという考えです。

ゴルフのスキルをすぐに向上させるためのいくつかのヒント

パッティング

PGAツアー選手を観察すると、標準スコアを下回るスコアを達成することがよくあります。一般的に、彼らの平均スコアは 65 ストローク前後です。この平均 65 ストロークの中で、典型的なチャンピオンは 1 ホールあたり平均 1.5 ~ 1.7 パットを使用します。つまり、ラウンドあたり約 27 ~ 31 パットとなります。全体の割合で見ると、パッティングは総ストローク数の 40% 以上を占め、多くの場合 45% に達します。実際には、ゴルフのラウンド中、これは総ストロークに対するパットの割合に相当します。したがって、パッティングに費やす練習時間もこの比率と一致する必要があり、理想的には全体の練習時間の 45%、あるいは半分を占める必要があります。パッティングの練習方法については、今後のアップデートでいくつかの方法を提供する予定です。

練習と準備の流れ

1.コンタクトパター

練習の正しい順序はパッティングから始まります。パッティングスキルを完璧にするためには、かなりの時間を費やす必要があります。パッティングを満足のいくレベルまで磨いたら、次のステップはショートアイアンに移ります。 64 度、63 度、60 度、58 度、56 度、52 度のクラブなど、最もロフトの高いウェッジから始まり、ピッチング ウェッジ、9 アイアン、そしてミッドアイアン。引き続きロングアイアンを使用し、続いてハイブリッド、3 ウッドなど、距離要件の達成に貢献するフェアウェイ中央に配置されたフェアウェイウッドを使用します。最後に、森、特にドライバーに焦点を当てます。この選択は、距離を最大化することを目的としています。

2.ショート、ミディアム、ロングを使用する

ショートアイアンを練習に活用することで、比較的正確な弾道を出せる能力を養うことを目指しましょう。例えば、このショートアイアンでは、直進、高中低の弾道と、左右に曲がるショットの少なくとも5種類の弾道を打つことができなければなりません。ショートアイアンをマスターすることの本質は、正確さ、ボールのコントロール、そしてさまざまなショットに必要なスピン、サイドスピン、さまざまなボールフィーリングを与える能力にあります。

ミッドアイアンに進むと、要求は正確な距離を達成すると同時に、望ましい弾道曲線を実行できるようになることになります。ショートアイアンに要求される精度とは異なり、ミッドアイアンでは主にベンチマークの距離を打つ必要があります。すべてのゴルファーは、各アイアンのベンチマークを明確に理解する必要があります。これは、各アイアンがカバーすべき飛距離を明確に認識することを意味します。

森に関しては、主な目標はかなりの飛距離を達成することです。アマチュアプレーヤーの場合、ドライバーが 280 ヤードから 300 ヤードの範囲の飛距離を出せることが理想的です。

コースに持ち込むクラブの数を減らす

私の個人的な意見では、パター、さまざまなロフトのウェッジ (サンド、ピッチなど)、7 番アイアンや 5 番アイアンなどのショート アイアン、3 番ウッドとドライバーを含むいくつかのフェアウェイウッドをマスターすると、十分です。多種多様なクラブを揃える必要はありません。

Das letzte Wort

ゴルフのスキルを早く向上させたいと願う人たちへの私のアドバイスはシンプルです。ゲームの表面を超えて、 Galileo Golf-Schlagkäfigで一生懸命練習することです。その魂を理解し、その鼓動を感じ、その知識をコースの旅の指針にしましょう。アメリカンスタイルのゴルフの世界では、ただボールを打つだけではありません。それは、それと一緒に踊り、その言語を理解し、スイングするたびに繰り広げられる美しい会話を楽しむことです。

0 Kommentare

Hinterlassen Sie uns eine Nachricht

Bitte beachten, dass deine Kommentare vor der Veröffentlichung genehmigt werden müssen