Die „gewalttätige“ Seite des Golfsports enthüllen: Eine persönliche Perspektive auf den Galileo-Sport

Enthüllung der „gewalttätigen“ Seite des Golfsports: Die persönliche Perspektive von Galileo Sports

何十年にもわたってゴルフカテゴリーに深く関わってきた大手ブランドとして、 Galileo-Sportその根底にあるロジックを解読していきます。

「ゴルフは簡単そうに見えて、運動量はそれほど多くない」という初心者の声をよく聞きます。実際にはそうではありません。ゴルフは非常に「暴力的な」スポーツであると言えます。あなたがこの意見に同意するかどうかはわかりませんが、

なぜそんなことを言うのですか?

想像してみてください。小さなボールが地面に置かれ、人が手にクラブを持っています。体も足も動かさず、全身を使って小さなボールを遠くへ飛ばす。これは体が生成するのにどれくらいのエネルギーを必要としますか?

通常、アマチュア男性ゴルファーのドライバーのスイング速度は時速約 90 マイルで、ボール速度は時速 130 マイルを超えます。身体によって生成されるエネルギーは非常に大きく、同時にさまざまな関節に大きな圧力がかかります。ダウンスイング中に体が生み出す回転力はゴルファーの体重の8倍になります。ゴルファーの体重が 80 キログラムの場合、ダウンスイング中にかかる力は 640 キログラムになります。体にかかる力の大きさを想像してみてください。それは「軽い」ものではありません。

ゴルフの身体性

ゴルフにおける運動能力

ゴルフには独自の運動能力が必要です。それは単なる技巧の問題ではありません。それは強さ、敏捷性、持久力です。ゴルファーは単にコース上を散歩しているだけだという誤解は、厳しいラウンドの後に筋肉が焼けつくのを感じればすぐに払拭されます。

スイングダイナミクス

スイングの力強い性質

ゴルフスイングはゲームの心臓部であり、「暴力性」が最も顕著になる場所です。旅の初めの頃、私は力強いスイングに必要な力を理解するのに苦労しました。たゆまぬ練習と生体力学を理解することによってのみ、私は自分のスイングの真の可能性を解き放つことができました。

精神的および感情的な側面

心理的強度

ゴルフは心の戦場です。競技プレイの課題に直面するにつれて、精神的な強度が身体的な側面と同じくらい重要であることに気づきました。実行しなければならないというプレッシャー、各ショットの前の暗算など、このスポーツにさらなる複雑さを加える頭脳チェス ゲームです。

トレーニングとコンディショニング

フィットネスの重要性

ゴルフの「暴力」を乗り越えるためには、体力は譲れません。ゴルファー向けに調整されたフィットネス計画を取り入れたとき、私の旅は変わりました。体幹の筋肉を強化し、柔軟性を高め、持久力を高めることが、私のトレーニングルーチンの重要な要素になりました。

「暴力的」ゴルフはさまざまな怪我を引き起こす

関連する統計によると、アマチュアゴルファーの間でスポーツによる怪我が最も多い部位は、腰、肘、手首に集中しています。プロゴルファーの間では、報告された怪我の63%が腰の怪我であることは注目に値します。プロゴルファーの体の他の部分はなぜ怪我をしにくいのでしょうか?答えは非常に簡単です。プロゴルファーは体力とスイング技術の両方を十分に備えているからです。これにより、スポーツ傷害のリスクを可能な限り最小限に抑えながら、毎週競技会に参加することが可能になります。

ゴルフでの怪我の原因

1.身体能力の限界が主な理由

アマチュアゴルファーがプロプレーヤーのスイングの動きを真似しようとするのはよく見られます。しかし、ほとんどのアマチュアは、上半身と下半身の分離や肩の柔軟性など、プロと同じレベルの身体能力を備えていない可能性があります。各スポーツは身体に特定の要求を課し、これらの要求が満たされない場合、怪我が簡単に発生する可能性があります。これらの物理的制限により、ゴルファーは間違ったスイング特性を身につける可能性があり、これらの欠陥のある動きを長年にわたって繰り返すと、特定の関節に使いすぎによる損傷が生じる可能性があります。

ゴルフスイングでは、各関節に独自の役割があります。柔軟性に寄与する関節もあれば、安定性の維持に関与する関節もあります。さらに、1 つの関節の動きは他の関節の動きに影響を与える可能性があります。特定の関節に問題が発生した場合、他の関節の動作に影響を与える可能性があります。

たとえば、ゴルファーが胸椎に十分な柔軟性を欠いている場合、つまり上半身と下半身の分離が制限されている場合、ゴルファーは安定性が必要な関節である腰椎を使用して補う可能性があります。このシナリオでは、ゴルファーはバックスイング中に回転運動の代わりに傾斜運動を行う可能性があり、腰に大きな圧力がかかり、間違ったスイングを引き起こす可能性があります。

今日のゴルフ界では、プロプレーヤーはますますフィジカルコンディショニングを重視しています。長時間の練習セッションや競争力のあるプレーには、スポーツ関連の怪我を避けるために最適な運動条件を維持する必要があります。体系的なフィジカルトレーニングは、しっかりとしたパワーシーケンスの確立、スイング効率の向上、スポーツ関連の怪我のリスクの軽減など、ゴルファーに多くのメリットをもたらします。

適切に構成されたフィットネス計画を採用することは、ゴルファーの全体的なパフォーマンスとスポーツ寿命の延長に大きく貢献します。それは単にスイングを完璧にするというだけではありません。ゴルフ特有の要求を満たす体を育て、怪我を防ぎ、練習場でもコース上の重要な瞬間でもゴルファーが最高のパフォーマンスを発揮できるようにすることが重要です。

2.無理なスイングテクニック

ほとんどの人は、ゴルフは歩いてスイングするだけの非常に単純なものだと考えていますが、スイングも非常に単純です。しかし、ほとんどの初心者はゴルフスイングに多くの問題を抱えています。ゴルフスイングにおける主な問題は、体幹の回転不足と上肢の過度の運動により、肩甲骨の活動が過剰になり、前鋸筋への負荷が増大し、損傷につながることです。不適切なスイング動作は体の特定の部分への負荷を増加させ、怪我を引き起こす可能性があります。

開始と終了:

それは胸壁の側面に位置し、肋骨1〜9の側面から始まり、胸壁のすぐ後ろを走り、肩甲骨の内側端と肩甲骨の下隅で終わります。

関数:

(1) 肩甲骨を前方に伸ばし、僧帽筋の上部と下部と連動して上部の回転運動を生み出します。

(2) 肩甲骨の内側の端を胸壁に近づけてください。 (3) 肋骨を持ち上げて深く吸い込みやすくします。

関連研究:

前鋸筋はゴルフスイング中常に高レベルの活動を続けるため、疲労しやすくなります。

前鋸筋損傷の臨床症状:

軽度の場合は、患側の肩と背中に痛みがあり、肩を上げるときに痛みがあり、特に両手で壁を押すと肩甲骨の内側が上がります。

重症の場合は、患側の肩や背中に明らかな痛みがあり、肩を上げるのが難しくなり痛みが悪化する、肩甲骨の内側が明らかに上がっている、横たわっている状態から体位を変えると痛みが悪化するなどの症状が現れます。深呼吸をすると痛みがはっきりとわかります。ゴルフは非常に単純で、歩いてスイングするだけであり、スイングも非常に単純であると考えてください。しかし、ほとんどの初心者はゴルフスイングに多くの問題を抱えています。ゴルフスイングにおける主な問題は、体幹の回転不足と上肢の過度の運動により、肩甲骨の活動が過剰になり、前鋸筋への負荷が増大し、損傷につながることです。不適切なスイング動作は体の特定の部分への負荷を増加させ、怪我を引き起こす可能性があります。

3.不当な研修の取り決め

週に7回、ほぼ毎日、各セッションで4〜5時間練習し、毎回400〜500球を打ち、この集中的な練習ルーチンを3か月連続で継続します。練習計画の頻度と強度が高すぎるため、オーバーユースによる怪我の発生につながります。

4.準備活動なし

ゴルフ練習場に着くとすぐにクラブを取り出し、簡単な動きから練習を始めます。休むときは、保温に注意を払わないでください。長い休みを経て、再びボール練習をするときも準備活動​​はしなかった。準備活動をしなかったり、長い休憩をとったりすると、準備活動の効果がなくなり、筋肉が使える状態にならなくなります。筋肉が機能する状態になる前にボール練習を始めると、怪我が発生しやすくなります。

5.疲労回復を重視していない

練習後、クラブをゴルフバッグに入れて車で家に帰りました。疲労がなかなか取れず、徐々に蓄積してしまうと筋肉の機能が低下してしまいます。練習を続けると怪我が起こりやすくなります。

ゴルフの「暴力的」な側面:Last

結論として、ゴルフの「暴力的」な性質は忌避すべきものではなく、むしろ受け入れるべきものです。スイングに必要な身体的要求から必要とされる精神的な強さまで、それぞれの要素がこのスポーツの独特の性格に貢献します。 ガリレオは、 Galileo-Sportを理解するすべての人にゴルフの知識を提供し、ゴルフを愛するすべての人をエスコートすることに尽力しています。そのため、次回コースに足を踏み入れるときは、穏やかな外観の裏には、パワー、正確さ、そしてコントロールされたタッチのゲームがあることを忘れないでください。 "暴力。"

0 Kommentare

Hinterlassen Sie uns eine Nachricht

Bitte beachten, dass deine Kommentare vor der Veröffentlichung genehmigt werden müssen